八国山だより
ノー サイレント マジョリティ! ごまめの歯ぎしりといえど、おかしいと思うことはおかしいと自分の意思を発信しなければ
05 | 2007/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか来た道
自衛隊情報保全隊による市民運動の監視はまだ余震が続いている。

保坂展人氏のどこどこ日記によれば、沖縄・辺野古でも海自情報保全隊が県民監視活動 とのこと。

そして保坂氏がそのことについて記者会見すると、防衛省の守屋武昌事務次官は「オフレコで記者に対して、この事実が報道されないように懇談を行って、手を打った」とのこと。
つまり守屋次官は悪いことをしているのを自覚していてその事実のもみ消しに走ったということだろう。

集会やデモを「反自衛隊活動」として、集会での声を「(イラク派遣を)誹謗(ひぼう)する発言」と断じたりしている。政治的に中立でなければならない自衛隊がその範囲を逸脱している。対象がイラク派遣問題だけでなく、消費税、医療費負担増、年金問題に対する活動にまで及んでいるのも異常だ。

自衛隊という名前でも軍隊は軍隊、かつて関東軍が暴走して先の戦争に至った。この国民監視もその嚆矢とはいえないだろうか。

[9:50AM付記]
今朝の関口宏の番組で毎日新聞の岸井氏が、1973年8月8日、東京九段下のホテル・グランドパレスから金大中(キムデジュン)氏が拉致された(いわゆる金大中事件)際に、手引きしたのがこの情報保全隊(岸井氏は現役の隊員だったとの考え)だったよし。表側の事実として自衛隊は拉致船を追跡し、照明弾を投下するなどして威嚇したというのがあり、保全隊の役割が不明でどんな目的でそうしたのか知らないが、これが事実なら保全隊は国家の統制を離れて独自の動きをすることになる。ますます関東軍に似てくる?

スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

寒北斗

Author:寒北斗
【性別】 ♂
【住んでいるところ】 東京
【生まれたところ】 石川
【職業】  テクニカル トランスレータ兼主夫

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。