八国山だより
ノー サイレント マジョリティ! ごまめの歯ぎしりといえど、おかしいと思うことはおかしいと自分の意思を発信しなければ
05 | 2007/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民考えぬ議員「辞めた方がいい」←それは君のことだな、安倍くん

国民考えぬ議員「辞めた方がいい」=会期延長批判をけん制-安倍首相
(時事通信社 - 06月21日 23:01)

 安倍晋三首相は21日夜、今国会の会期延長について「国民のために何をすべきかという観点から判断した」と説明した。その上で、自民党内の批判に関し「技術的な選挙の勝利ではなく、国のために何をすべきかという観点から考えなければならない。そうでない政治家は辞めた方がいい」と強くけん制した。

 首相は延長の理由について、国家公務員法改正案や社会保険庁改革関連法案、年金時効撤廃特例法案を挙げた上で、「こうした法案を成立させることはわたしの大きな責任だ。この国会で何としても果たさなければならない」と説明。参院選では「こうした判断、わたしの信念も含めて国民の審判を仰ぎたい」と述べた。

 また、首相は参院選に敗北した場合の自らの責任論について「毎日首相は責任を負っている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 


一方、こんな記事もある。

年金記録5000万件不明、首相ら昨年末に認識
(読売新聞 - 06月22日 12:19)

 政府は22日午前の閣議で、該当者不明の年金記録約5000万件の存在について、安倍首相や塩崎官房長官が認識したのは「昨年暮れから今年の初め」とする答弁書を決定した。

 政府は5月25日と6月4日に、年金記録漏れ問題に対する対応策を発表したが、ほぼ半年間は具体的な対策が示されなかったことになる。

 答弁書は、江田憲司衆院議員の質問主意書に対するもの。不明記録の総数について、2006年6月現在で5000万件に及ぶことを政府が公表したのは今年2月。民主党の松本政調会長らが、国会審議などに備え、昨年12月、衆院に要請した予備的調査の報告書で明らかになった。

 この日の答弁書も、5000万件という総数については、「予備的調査の取りまとめの過程において明らかになった」としており、調査途中で、社保庁から首相、官房長官に報告が行われたとみられる。


安倍は知っていながら公になるまで放置していたわけだ。どの面下げて「国民考えぬ~」と言えるのだ。
そして批判されたので対応してますというポーズだけ取り、むしろ害悪となる法案を強行採決。

さらにこういうのも。


<年金問題>10年前から苦情…社保庁、トラブルを放置
(毎日新聞 - 06月21日 21:11)
 宙に浮いた年金記録問題で「納めたはずの保険料の記録が社会保険庁に残っていない」との苦情が、基礎年金番号が割り振られた97年1月の直後から、国民生活センターなどに寄せられていたことが分かった。膨大な未統合記録の存在が発覚したのは06年で、社保庁はそれまで各地でトラブルが起きていたのを認識しながら、実質的に放置していたことになる。

 内閣府国民生活局の統計によると、国民生活センターと都道府県などの消費生活センターに寄せられた年金関係の相談は、97~06年で2439件。うち少なくとも40件以上が年金記録の不備を訴える苦情だった。

 苦情の内容は「妻が15年間かけていた国民年金の記録がまったくないと言われた」「知らない保険会社に勤務したことになっており、国民年金が3年間未納になっていた」など。国民生活センターは「具体的な事例に関しては、該当する社会保険事務所に内容を伝えていた」と話す。

 年金記録の消失は、97年の年金番号統合の際の入力ミスが大きな原因とされる。社保庁が06年6月に65歳以上で約2300万件、今年2月に全体で約5000万件の未統合記録があることを明らかにするまで、大半の国民は未納扱いになっている理由が分からなかった。

 社保庁は06年8月から「記録がおかしい」と訴える加入者向けの審査チームを作り、今年3月までに約6万4000件の照会申し立てを受理、訴えを認めて6割以上の記録を改めた。これ以前にも申し立ての制度はあったが、対応は各社保事務所任せで、あきらめて泣き寝入りしたケースも多かったとみられる。

 内閣府に統計資料の提出を求めていた長妻昭衆院議員(民主)は「社保事務所には、この数十倍の苦情があったはずで、社保庁が重大性に気付いて迅速な対応を取っていれば、問題は大きくならなかったはずだ」と批判している。【清水健二】
 
 
 
 
なぜだ!社保庁ボーナス満額…34.6歳で62万円
(ZAKZAK 2007/06/21)



 「消えた年金」問題で、国民の怒りが津波のごとく押し寄せている社会保険庁。次々とデタラメぶりが暴露されているが、何と、同庁職員は今年夏のボーナス(賞与)を満額受け取る方向であることが21日、夕刊フジの取材で分かった。その額、平均34.6歳で約62万円といい、単純計算で総額約105億円。民間企業では考えられない非常識で恥知らずな対応。この組織はどこまで国民をバカにするのか。

 「責任の所在が明らかになっていないので、期末・勤勉手当(=民間でいうボーナス)については、返納するかどうかも含めて方向性は決まっていない」

 社保庁職員課の担当者は夕刊フジの取材にこう答えた。

 同庁職員がボーナスを受け取るのは、毎年6月と12月のそれぞれ月末。今後、政府の第3者機関によって社保庁の問題に対する調査が行われる予定だが、結果が出るのは先になるため、冒頭の職員の返答は事実上、「今回は満額受け取る」という宣言にも等しい。

 国民の大切な年金記録をコンピューターに入力した際、膨大なミスを発生させたうえ、手書き台帳の多くを破棄してしまった社保庁。5000万件もの年金記録を宙に浮かせ、国民を不安に突き落としただけでなく、照合作業には1000億円もの費用がかかる(大手生保試算)とされる。

 これが民間企業の不祥事ならば、社長以下幹部のクビが飛んだり、給与・報酬やボーナスがカットされるのは当たり前。

 例えば、三菱東京UFJ銀行は今年3月、財団法人をめぐる業務上横領事件に関連し、会長と頭取の役員報酬を3カ月間、40%減額したほか、退職した元会長や元頭取ら9人にも半年分の報酬(在任時)の50-40%に相当する額を返還するよう求めた。

 関西テレビも「発掘!あるある大事典II」の捏造問題に関連して先月、全役員の今年度の賞与を全額返上するだけではなく、管理職は20%、一般社員は10%と、全職員のボーナスをカットすることを決めた。

 民間だけではない。大阪府は財政難を理由に2001年12月から知事30%、副知事15%、出納長10%のボーナスカットを実施しているが、一昨年夏のボーナスから特別職や一般職員も10-4%カットしている。

 社保庁職員が休日返上で年金相談に当たっていることは知っているが、それもいわば自業自得。不祥事を起こした組織が自らペナルティーを科すのは、社会の常識ではないのか。

 ちなみに、社保庁職員の給与は国家公務員と同じ計算で算出され、原資はもちろん税金だ。

 総務省の人事・恩給局が昨年発表した資料によると、管理職を除く一般職国家公務員の賞与支給額は給与月額の2.11月分で、平均34.6歳で約62万2000円。長官は事務次官クラス(約311万円)と局長クラス(236万円)のほぼ中間といい、275万円ほどを受け取る計算になる。今年も昨年と大差ない見通し。

 同局は「19日現在、(社保庁の)どこからも期末・勤勉手当の一部なりを返上する、という話は聞いていない。こちら側から『支給しない』と言い出す法律もない」としており、社保庁職員が“平気の平左”でボーナス満額を受け取るのは間違いないようだ。

 あまりに非常識な対応に作家の麻生千晶氏は「45分働いて15分休むような人たちは、全員返納してグリーンピアの損失や消えた年金の穴埋めをすべき。ボーナスをもらって当然なんて、あまりにも当事者意識がない。度しがたい鈍さだ」と怒り心頭に話す。

 労働基準法では「賞与とは定期または臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるもの。その支給額があらかじめ確定していないもの」と定義されている。

 社保庁職員は、自らの「勤務成績」について、胸に手を当てて考えてはどうか。恥を知るべきだ。



腐った能なし総理、腐った政府(厚労省、社保庁)、政府与党。大掃除が必要だ。

腐ってると言えば農水省も。
今世間をを騒がせているミートホープ社の偽牛ミンチ事件、農林水産省北海道農政事務所が去年の春に同社元役員から内部告発を受けていたにもかかわらず放置していたとのこと。



スポンサーサイト
いつか来た道
自衛隊情報保全隊による市民運動の監視はまだ余震が続いている。

保坂展人氏のどこどこ日記によれば、沖縄・辺野古でも海自情報保全隊が県民監視活動 とのこと。

そして保坂氏がそのことについて記者会見すると、防衛省の守屋武昌事務次官は「オフレコで記者に対して、この事実が報道されないように懇談を行って、手を打った」とのこと。
つまり守屋次官は悪いことをしているのを自覚していてその事実のもみ消しに走ったということだろう。

集会やデモを「反自衛隊活動」として、集会での声を「(イラク派遣を)誹謗(ひぼう)する発言」と断じたりしている。政治的に中立でなければならない自衛隊がその範囲を逸脱している。対象がイラク派遣問題だけでなく、消費税、医療費負担増、年金問題に対する活動にまで及んでいるのも異常だ。

自衛隊という名前でも軍隊は軍隊、かつて関東軍が暴走して先の戦争に至った。この国民監視もその嚆矢とはいえないだろうか。

[9:50AM付記]
今朝の関口宏の番組で毎日新聞の岸井氏が、1973年8月8日、東京九段下のホテル・グランドパレスから金大中(キムデジュン)氏が拉致された(いわゆる金大中事件)際に、手引きしたのがこの情報保全隊(岸井氏は現役の隊員だったとの考え)だったよし。表側の事実として自衛隊は拉致船を追跡し、照明弾を投下するなどして威嚇したというのがあり、保全隊の役割が不明でどんな目的でそうしたのか知らないが、これが事実なら保全隊は国家の統制を離れて独自の動きをすることになる。ますます関東軍に似てくる?

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

自衛隊が市民監視


「自衛隊が市民監視」と志位委員長 

 共産党の志位和夫委員長は6日午後、国会内で記者会見を開き、陸上自衛隊の情報保全隊が、自衛隊の活動に批判的な全国の市民団体や政党、労組、ジャーナリスト、宗教団体などの動向を調査し作成した「内部文書」を入手したと発表した。

 イラク自衛隊派遣に関連し監視対象となっているだけでも全国41都道府県の293団体・個人に上り、高校生も含まれている。情報保全隊は、部隊を外部の働き掛けから防護するために必要な情報収集を主な任務としており、監視活動が本来任務の範囲内かどうか、議論を呼びそうだ。

 文書は計11部、166ページ。陸自東北方面情報保全隊が収集した情報を週単位で一覧にまとめた「一般情勢」など(2004年1~2月)と、情報保全隊本部が作成した「イラク派遣に対する国内勢力の反対動向」(03年11月~04年2月)の2種類。

 それぞれ1週間ごとに、全般情勢のほか「革新政党」「新左翼等」「諸派および反戦市民(マスコミ)」「労組」などの活動状況を要約。デモや反対集会、ビラ配りなどの詳しい状況や参加者の写真なども含まれる。

 志位氏は「国民のあらゆる運動を監視し、詳細に記録していたことを示している。個人のプライバシーに対する侵害行為で、憲法違反だ」と強調、鈴木政二官房副長官に中止を要求した。

 鈴木氏は「初めて見る資料であり、安倍晋三首相に伝え対応したい」と述べたが、塩崎恭久官房長官は記者会見で「法律にのっとって行われる調査活動や情報収集は当然、受け入れられるべきだ」と述べ、法令の許容範囲との認識を示した。

 ジャーナリストらに関しては取材状況や報道内容、市町村議会では決議の経緯なども分析されていた。共産党は「自衛隊関係者」から直接入手し、文書に基づき調査した結果、信ぴょう性が高いと判断した、と説明している。
[2007年6月6日20時45分]日刊スポーツ



映画の山田洋次監督や高校生も監視されていたらしい。

軍隊は国を守るものではあっても国民を守るものではないということを改めて認識させられる。



情報保全隊とは、自衛隊の持つ機密情報を守り、その漏洩を防止するために存在している部隊であり、任務の1つが、
自衛隊に対する外部からの働きかけ等から部隊を保全するために必要な資料及び情報の収集整理
ということであり、具体的には、たとえばどこかの団体が反自衛隊活動の一環として自衛官への接触・反自衛隊思想の吹き込みを図っていると見られる場合、情報保全隊はその団体と活動内容について調査を行うようである。


自衛隊は、個人的には違憲の存在だと思うが、国防のあり方としてクモの巣型防衛理論または武装中立型がいいのではないかと思うのでなくてはならぬ存在ではあると思う。

が、サマワ派遣はならず者国家アメリカに隷属的に従って、大儀なき戦争に派遣されたものであり肯定できない。軍産複合体が支配し、ウォーブーストエコノミーのアメリカ、必要とあれば火のないところに煙を立てて、やくざののようにいちゃもんをつけ殴り込みをする。911同時多発テロを自作自演で起こし、アフガン攻撃の口実とした。


自衛隊を派遣したのは政府だが、政府のやることは常に正しい訳ではない。それに対して意見を表明すると監視されるということか。これで安倍内閣得意の数の暴力による強行採決で共謀罪が成立しようものなら、この情報保全隊はかつての憲兵隊のようにならないか。

自衛隊の内部文書を入手した日本共産党によれば、自衛隊イラク派遣に反対する団体、個人の調査結果が中心だが、年金制度等についての集会の報告もあったとのこと。やはり、憲法の保障する思想信条の自由を侵しているのではないか。



テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

恥知らずの安倍晋三
安倍晋三は、「基礎年金番号導入時の厚相は菅直人民主党代表代行」などと宣伝するビラを配布しているようである(発案者は片山さつき女史とのこと)。

だが、基礎年金番号制度は、転職などのたびに割り当てられた複数の年金番号を統合するため1997年にスタートしたものである。この制度そのものに問題はない。

問題なのは1984年頃、年金システムを電子化した際に、手書き台帳からの入力に漏れや入力ミス ー 誤った名前のふりがな入力、男女が判別しにくい名前(薫など)の性の登録誤り、生年月日の未入力 ー があったこと、さらにその手書き台帳を破棄したことにある。

責任というなら長妻議員が昨年6月から、当時の川崎厚生労働大臣や村瀬社会保険庁長官に宙に浮いた年金納付情報を問いただしているのに放置してきた前小泉首相や現安倍首相の責任ではないのか。責任転嫁もいい加減にしろと言いたい。


また、松岡前農水大臣の死亡に関して
「ご本人の名誉のために申し上げておくが、『緑資源機構』に関して捜査当局が松岡農水相や関係者の取り調べを行っていたという事実もないし、これから取り調べを行う予定もないという発言があったと聞いている」

と指揮権発動ともとれる発言をしている。いろいろおかしな点がある(たとえば、宿舎で犬を飼っていた訳でもないのに、前日まで死を覚悟した行動をとっていながら、なにが悲しくて犬の散歩用のひもで首つりかなど)のに事実上「調べない」と言っているに等しい。
調べたら自分に都合の悪い事実が出てくるのでもみ消しを図っているのでは思いたくなる。


裏で北朝鮮と関係が深い某宗教団体と近く(あるいは将軍様ともつるんでる?)にもかかわらず、表では拉致被害者を自分のために利用(北朝鮮と密約との説もある:http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061013_gaikou/index7.html)してきた。恥知らずな男だ。


テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

寒北斗

Author:寒北斗
【性別】 ♂
【住んでいるところ】 東京
【生まれたところ】 石川
【職業】  テクニカル トランスレータ兼主夫

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。